ホーム>スタッフブログ>カウンセラー日記

カウンセラー日記

電話

先日,大変尊敬しているK先生よりお電話を頂きました。

最近,時間が取れず,研修に参加出来ずにいましたので

先生の一言,ひとことが研修を受けているように感じられて

大変嬉しかったです。

 

先生の言葉の後押しで

また,前に進めます。ありがとうございました。感謝!!

 

 

 

 

 

良いことしか

 

「色々な事が起きるけど,

必要な事しか起きてはいない・・悪い事は起きていない・・」

と,教えて貰った事があります。

 

そう言っても・・・,この事柄は良いことではない!・・と思われる事が沢山あります。

 

でも,悪い事は起きてはいないと云うのだから

きっと,この大変な事柄も悪い事では無いのだ・・・,

 

と,心に決めると

その大変な事柄は

みるみる間に変化していく・・・・,

悪いと思っていた現象も

本当は良いことになってしまう・・・。

 

人として命を頂いて生きている中で,前を向いて生きていく・・事は

大切な事なのでしょうね。

悩んでくよくよしていても何も変わらないのですからね。

 

 

 

思い方で楽になれる・・・

昨日,研修を受けて来ました。

内容はものの受け取り方の研修でした。

 

ある地域では時間にとてもルーズだそうです。夕方集まりがあり,

6時集合と云っても,6時に集まるのは半数がやっとの状態。

遅れて来るのが当たり前の所だそうです。

その集まり方に,とても怒った方がいました。

「何で時間が守れないのだ!」

いつも,いつもそうなので怒っていたそうですが,

あるとき,《見方を変えると良い》と教えて貰い,

半数が集まってくれたんだ!と思うようにしたそうです。

半数でも,時間を作って参加してくれたんだな~,と思うことで

自分が怒らずにいられて,人とのコミュニケーションが楽になったと云うこと。

「半数も集まってくれたんだ・」・と思うと

なんと,その後,集まりには7割の方が遅れずに来るようになった・・・との事でした。

 

思い方,見方を変えると楽に生きられる・・。

感謝で見られるようになると,結果もついて来るのでしょうね。

 

 

 

この道を曲がった向こうには

「花子とアン」のファンのひとりです。

 

7年前,「赤毛のアン」の作者モンゴメリー生誕100周年の年に

プリンスエドワート島へのツアーがあり,

赤毛だった私達二人姉妹の姉が「行こう」と誘ってくれて,

TVで流れるあの,「緑の屋根の家」に行って来たことがあります。

その時はとてもマニアック(笑)なツアーでしたので

1月から募り,5月にやっと16人集まり出発出来ました。

車の車検は無いと云うことで,バスは途中で止まり,違うバスを待ったり,

ハプニングはたくさんありました。

 

添乗員さんの話の中で

「朝,パパはコーヒーを自分で入れてパンを自分で焼いて食べて,

 子どもも自分でパンを焼いて,牛乳飲んで,昼のお弁当は

 自分でバスケットにパンとジュースと果物を入れて行く・・。

 夕飯はパパが帰り,片付けをする・・・。」

と聞いて,

良いお母さん,良い奥さんをしなくては・・と奮闘していた私は

 「自分の枠」を持っていたと気がつき 

 「自分で頑張る」事だけに一生懸命だった・・と思いました。

添乗員さんの話は本当かどうかは定かではありませんが,

私にとって,プリンスエドワート島へのツアーはとても意義のあるものでした。

その後その「枠」はすこし外れたように思います。

 

花子さんが

「この道を曲がった向こうにはきっといいものがある・・」と云います。

私も,この歩いている道の中では,大変と思う事柄はあるけれども,

それは見方を変えると,大変な事ではなく,

人生の中で「大切な事」なのだと思うのです。

 

 

 

感動

先日,都内での研修に参加してきました。

講師の方が研修の中で教えてくれた詩がよかったのでご紹介しますね。

脱疽で両手,両足のない,だるま少女と呼ばれた中村久子さんの詩です。

        ある ある ある

        さわやかな 秋の朝

        「タオル取ってちょうだい」

        「おーい」と答える良人がある

        「ハーイ」という娘がおる

        歯をみがく

        義歯の取り外し かおを洗う

        短いけど指のない

        まるいつよい手が 何でもしてくれる

        断端に骨のない やわらかい腕もある

        何でもしてくれる 短い手もある

        ある ある ある

        みんなある

        さわやかな秋の朝

「足る」を知ることは大切な事,毎日を感謝で過ごせると良いと改めて

思いました。

 

 

感謝・・・

ホームページアップしてから様々なご心配を頂いています。

 

まず,RiRiさんより

   カウンセラーの写真はどうして半身アップにしなかったの?

   本物の方が断然良いよ!

(ご心配ありがとうね。田舎のフォトスタジオなので精一杯でした~)

 

IZUMIさんより

   ページは良い感じ・・・。写真は占い師みたい。お手伝いしま~す。  

(ありがとうね。IZUMIさんも頑張ってね。九星気学をすこしするから,

 時には占い師?にもなるかな~)

 

NAOさんより  

   結婚相談所みたいなホームページ。でも幸せになれるなら同じかな??

(ありがとうね。幸せになれるカウンセリングしますね)

 

他にもたくさん,励ましのお言葉いただきました。

みなさん,ありがとうございます。感謝 感謝 感謝

 

    精一杯させて頂きますね。

 

 

宝もの1

 

8月最終週ですね。

この週にしなくてはならない事があります。

それはバラの夏剪定です。

草取りが出来てはいないのですが,剪定は昨日の夕方から始めました~

10月咲く秋バラを,咲かす為の剪定です。

 

バラの師匠

(私にバラの事,下草の事を教えてくれるご夫婦で,私のバラの10倍ものバラ園を解放しています)

は9月に入ってからでも大丈夫と云うのですが

来週末は 「子育てについて」 の講演会を依頼されているので

その原稿をまとめもあり

剪定は今週中に終わりたいです。

 

少し疲れると,バーゴラの中に這わせた巨峰が少し実っているので

甘そうなのをつまみながらの剪定です。

 

巨峰を収穫し,夕食に出したら

家族に「甘い!」といわれました。

 

4年目の苗で,今年は8房しか実のってないので(笑)

房ごとではなく,甘そうな粒を収穫しています。

 

バラも巨峰も大切な「宝もの」の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

芽が出ました~

 

キュウリの苗を買って植えていましたが,暑さでダメになり実らなくなりました。

そう言えば昨年のキュウリの種があったかな・・?と探すと

ありました~。

以前,母に「種は夏を越すと芽が出ないよ」とは云われていましたが,

畑の空いているところに蒔いてみました。

暑い日が続いていたので,夕方というよりも夜に

車のライトをつけて,じょうろで水をあげていたら

可愛い芽がいくつも出ました~~

 

何だか,種から出た芽はしっかりとしていて,頼もしい(笑い)です。

嬉しい,嬉しい,可愛い芽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして

初めまして,吉岡里依です。

今日,相談室のホームページがアップされました。

とても嬉しい事です。

日々の生活の中で悩んでいる事や子育てで悩んでいる事を聞かせて貰い,

お役に立つ事が少しでも出来たら幸いと思います。

 

来年還暦を迎える私です。

もうそんな年になってしまったか・・と思うのですが,

三人の子育てや,妻として,また社会の中で仕事して来た社会人として,

お嫁さんとして,今までの沢山の経験や学びを宝にしてお役に立ちたい

と思います。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。                                             吉岡里依

 

ページ上部へ